FC2ブログ

Entries

夏祭り

先週末に行った地元のお祭り。

まだ陽も落ちていないですが
すでに人が結構集まっていました。



DSC_0935.jpg
DSC_0936.jpg
お祭りは久々で
なんだかワクワク!!

最近のお祭りって
ちゃんと座れるように
ビニールシートとかも引いてあるんですね。

DSC_0934.jpg
こういう所で食べたり飲んだりするのって
なんでこんなにおいしく感じるのでしょう


ちびっこたちが
持っているヨーヨーが
とっても楽しそうで
大人げなくヨーヨーつり

DSC_0937.jpg
こんなにたくさん取れました!


まだまだ
夏は始まったばっかり!
みなさんはどんな夏休みを
過ごされるのでしょうか。


巣鴨に来た際は
ぜひワーロックで遊んで行ってくださいね




hally

スポンサーサイト



童具館

日本の木のおもちゃ業界には“重鎮”と呼ばれる方々が
いらっしゃいます。

おもちゃ作りやワークショップなどの活動を中心に
子どもたちを取り巻く環境をよくするために尽力して
こられた方々です。


その中心的存在ともいえるのが和久洋三さん。


幼児教育の父・フレーベルの思想をいち早くおもちゃ作りに
取り入れ、教具でも玩具でもない『童具』を生みだされました。


和久さんが館長を務める童具館は、この『童具』の製造・販売を
行っているのですが、先日こちらで開催された商品の説明会と
ワークショップに先輩うだっちさんとともに参加してきました。


ワーロックでは1年ほど前から童具の取り扱いを開始。
でも実際に遊んでみる機会って、これまでなかなかなかったもので…




童具のメインともいえる積み木。
●▲■を基本とするシンプルな形状ですが
この形こそが全てを作り出すことができる!


tumiki.jpg

なんといっても感動するのはカッティングの精度の高さ。
パーツ1つ1つに緊張感すら漂っています。


次はモザイクを使った色遊び。
縦横18cmの正方形のボードを32枚の二等辺三角形の
カラーモザイクで埋めていきます。

純色・無彩色・清色・濁色…
組み合わせ次第で心象が随分変わるので
ついつい色んなパターンを試したくなります。


tumiki2.jpg


「あっ、その組み合わせかっこいい」

とか

「なんか爽やかだね~」

とか、

お互い感想を言い合うのも楽しいです。



そう、「楽しい」。
それが全ての源なんですね。


大人に求められるのは、
子どもたちが集中して創造活動ができる環境を作ってあげること。


文字にするとありきたりですが、とても新鮮な体験でした。


その後の懇親会でも、全国からいらしたおもちゃ屋さんたちと
同じ想いを共有できた気がします。



和久さん、童具館の皆さん、ありがとうございました。





mog

しばしのお別れ


今週月曜日をもちまして
店舗スタッフjunさんが退社いたしました。


junさんには、とってもファンが多く
わたしがお店に立つ日にも
「今日はjunさんはいらっしゃらないんですか?」
と、よく聞かれたものです。


junさんが行う
絵本の読み聞かせイベントでは
プレイルームいっぱいに
親子が集まって
毎回満員御礼!!
リピーターの方も多く
このイベントを毎月楽しみにしてくださる方も
いらっしゃったり。
次の回にお友だちを連れてきてくださる方も
いらっしゃったり。

読み聞かせだけでなく
手遊び歌やわらべ歌を交えて
一緒に歌いながら、笑いながらの
楽しい会で
わたしもファンの一人でした。


そしてそして
スタッフの中でも
的確な意見と、柔らかな物腰のjunさんは
誰からも愛される存在でした。


とにかく
ワーロックには
なくてはならない存在でした。


今回の旅立ちは
しばしの別れ(だと信じてます)


だから最後の日は
DSC_0917.jpg
いつも通りに
「飲みにでもいくか」
ってな感じで。


DSC_0921.jpg
↑お店で一番仲良しのうだっちさんと




DSC_0918.jpg
↑どこから来たのですか?な、店主と




junさん
いつでも待ってますよ
おつかれさまでした。





hally



お菓子屋さん、開店。

本日よりワーロックレジ前に
お菓子コーナーができました。

スイスやドイツ、イタリア…欧米各国のキャンディやビスケットなど
出かけた先でちょこっと食べたくなるおやつ。

海外のお菓子って、パッケージにやられちゃいますよね。


cake.jpg


キャンディの入った缶は食べ終わった後も
おはじきなんかの入れ物にしたり…

おやつは女子の浪漫です。



おやつといえば、先日例のパンケーキを焼きました。
『bills』の敏腕シェフ、ビル氏直伝のレシピにて。

おやつというか、朝食ですけど…。


pan_20110721191330.jpg

手順は忠実でしたが、家に量りがなく
粉的なものはすべて目分量(笑)

見た目も味もなかなか♪ですが、
なんだか重量がすごくて、1枚でおなかいっぱいに
なってしまいました。

まだまだ
改善の余地がありそうです。



mog




cuboro、遊んでみません?

巣鴨本店では、16日土曜日から、玉の道を作る「cuboro」をプレイルームに出しています。

「cuboro」で遊ぼう。

お子さんたちは悩むよりはじめる。
どんどん積んでいって玉を転がしてみて、組み替えて。
真剣な表情で黙々と遊んでいます。

うまく転がったときには「みてみてみてーっ!」と嬉しそうな顔。

そして。
今回は、通常cuboroの8倍サイズ「cuboroXXL」も登場です。
土曜日のかわいいお客さんは…

パパと一緒になんだろ?なんだろ?

cuboro


「キャー!ころがった!!キャー!!」
満面の笑み。

cuboro

「そんなにおもしろいのかー?」
パパのつっこみにもめげず
くりかえしくりかえし。
「キャー!」「キャー!」

cuboro


今日もお店で18時閉店まで遊べます。
ぜひお近くの方は遊びにいらしてくださいね♪

jun

船あんど船

梅雨も明けて
すっかり夏の気候ですね。

わたしは、先日
二日間続けて
船を楽しんで来ました。


一日目は屋形船。
品川を出発して東京湾に出て
東京湾で止まります。

DSC_0900.jpg
ちょうど陽が沈む時間帯。
船に上って屋上で一杯。
東京湾の夏。なかなか風流です。





翌日は長瀞へライン下りに行ってきました。

長瀞って
熊谷よりも暑いそうで
日差しが危険…

急遽、サービスエリアで
日焼け止めを購入。

完全防備で挑みました。



DSC_0908.jpg
こちらの船に乗りました。
最近はテレビの影響もあり
土日はすごく混み合うそうです。


ライン下りって



こう・・・



サバイバルな・・・



イメージがあったのですが


この日は
水かさも低く
終始穏やかな船旅。
DSC_0907.jpg


この陸橋の下を通るところが
スピードが出ますからね~
気を付けてくださいね~
DSC_0905.jpg



とのことでしたが、



やはり終始穏やかな船旅でした。


サバイバルを楽しみたい方は
大型台風が去った翌日がオススメとのこと。
今回の3倍以上の速さで進むそう。



そして
帰りにかき氷を食べて帰りました。
有名な阿佐美冷蔵(天然氷を作る蔵元)は平日なのに
二時間待ちだそう。

ということで、
そこから氷を卸しているという
お店でかき氷をいただきました。


DSC_0913.jpg
人気No.1の巨峰のシロップ。
こんな山盛り食べられるかな・・・
と、思いましたが
意外とペロリと・・・



梅雨明けから
すでに夏を満喫。




hally

クーザ

観ました!!

kooza.jpg

宝箱を意味するサンスクリット語の”KOZA”から
インスパイアされたというサーカスはとにかく美しく、
上演中の約3時間、ずーっとドキドキしっぱなしでした。


生演奏のBGMも、時に華やかに、時にノスタルジックに
緩急をつけて演奏され、会場全体がオルゴール付きの
宝石箱になった様な錯覚すら覚えます。


薄暗い大きなテントの中、色とりどりの華麗な衣装を纏った
パフォーマーが一身に照明を浴びて、空中ブランコや綱渡り
玉乗り…と、次々に披露してくれるのですが、とても現実とは
思えない人間離れした技ばかり。


とくにすごかったのは、CMでも紹介されている
大きな回転するホイールの上での演技。


左右についた大きなホイールが、交互に10mほどの高さまで
上がっていくのですが、そのホイールに片手で捕まって一気に
空中へ。

それだけでも目眩がしそうですが、さらにその上で
縄跳びやバク転を繰り広げるので、ハラハラしすぎて
全身に冷や汗が…。


サーカスなんて小学生ぶりで、かなりワクワクしていましたが
その期待をはるかに上回る楽しい時間でした。


あと100回観たいです。



mog

夏の涼はビアで

今日・明日にでも
梅雨が明けるのではないかと思う
今日この頃。




いっぱい汗をかいた日には
やっぱりこれが飲みたくなります。


お仕事を頑張った
自分へのご褒美?!



今年初のビアガーデンへ
行ってきました。
DSC_0853.jpg


池袋でもっとも星に近い
スカイビアガーデン


池袋東武の屋上で行われている
炎のプルコギ伝説


DSC_0854.jpg
夜景にビールにプルコギ
夏の醍醐味ですね




hally

渋谷CCレモンホールで

開催された「東日本大震災チャリティ落語会」
に行ってきました。

出演は、笑点の人気メンバーを含む豪華な面々。


三遊亭 王楽
ナイツ
桂 歌丸
三遊亭 小遊三
渡辺 正行
立川 談春
立川 志の輔


チケット2000枚は即座に完売とのことでしたが
上司が熱心な落語ファンであるおかげで、
チケットを手にすることができました。

おや?と思う組み合わせではありますが、
それぞれに持ち味があって、みんな面白い。


特にトリを務めた立川志の輔さん…
時事ネタを巧みにリンクさせた創作落語で
この日一番の笑いをさらっていらっしゃいました。


翌朝になっても落語熱が冷めず、
店主と落語ごっこをしましたが
まあ…やっぱり
いまひとつ落ちません(笑)



笑いって本当に「芸」だなあ…としみじみ感じました。


たくさんの人をこんなに楽しませる事ができるからこそ
今なお色褪せることなく受け継がれているんですね。

被災地にも早く笑顔が戻ります様に。


mog

夏の涼はガラスで。

岡山で暮らしている頃、
この本に出会いました。


「ザ ステーショナリー」
~銀座・伊東屋100年物語~
gr004.jpg

明治37年創業、創業100年を越える文房具店、
銀座・伊東屋さんの売場担当者が語る、
各種文房具に関するうんちく、買い方、使い方のコツ…。

文房具好きにはたまらない1冊です。

ああ、銀座って素敵。
伊東屋さんってすごい。

と、山深い小さな街で暮らしながら
この本をうっとり眺めていたものです。

この本に紹介されている商品の中でも
特に心ひかれたのが「ガラスペン」。


gr001.jpg


どうしても欲しくなって4年ほど前に購入したのですが、
普段はひっそり引出しの中にしまわれています。

毎年この暑い時期になると取り出してみるのですが、
涼しげでなかなか良いです。


そう、夏こそガラス。


ワーロックのレジ前にも
ガラス製の人気者がおります。


gr003.jpg

ウォーターゴースト。


いわゆる、浮沈子(ふちんし)です。
ボトルをぎゅっと握ると中の人形が沈み、
手を離すとまた浮かんでくる楽しいおもちゃ。


スイスのガラス職人が手作りしているため、
同じ顔の子がいないのも魅力。


毎年1匹ずつ買い足してるのよ~
なんて方もいらっしゃいます。

gr002.jpg

見れば見るほど愛着の湧く
不思議なお顔をしています。

ぜひ店頭で、お気に入りを探して下さいませ。




mog



毎日暑いですね

毎日蒸し暑い日々が続いていますが
皆さん体調などくずされていないでしょうか


今年も晴れた日のお店の外には
アクアプレイを設置

例年よりもちょっと長くなって
みんなで仲良く遊べるようになりました。

IMGP2288.jpg



そしてそして
先日パラソルと椅子・テーブルを設置!

IMGP2291.jpg
IMGP2294.jpg





ちょっとした日陰で
子どもたちが遊んでいる姿を見ながら
一休み・・・


IMGP2293.jpg


それだけでも
大歓迎です!


是非是非
遊びにきてくださいね



hally

Appendix

プロフィール

ゴッチ齋藤(Anchang99)

Author:ゴッチ齋藤(Anchang99)


東京の巣鴨にある
小さなおもちゃ屋
木のおもちゃウッドワーロックの
スタッフブログです。




EMIこと天然スタッフがテンション高らかランダムに、養殖中年店主Anchang99がゆる~い感じで、時には軽やかに、ゴキゲンに書き殴りますわ。


どちらかといえば
おもちゃに関係ないことの方が
多いかもしれません( ´,_ゝ`)プッ


それでもよろしければ
ときどき遊びに来てくださいね(´∀` )



巣鴨にお越しの際は店舗にも
どうぞお立ち寄りくださいまし。


巣鴨本店の地図です

イベントスケジュール

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索