FC2ブログ

Entries

夏の終わりに…


もうはじまっている学校も
あるみたいですが、

殆どの子ども達は
まもなく夏休みも終了でしょうか?



先週から

あんまり夏っぽくなかったですが、

こんなんつくってみました。


uchiwa.jpg
紋切り型 涼之巻(うちわキット) っていう商品なんですが
色紙を二重にしただけでとってもステキになりました。



うちわはこれからの時期も

さんまを焼いたりとか、

秋刀魚を焼いたりとか、

さんまを焼いたりとか、

秋刀魚を焼いたりとか、


…密かに活躍(他に思いつかなかった(-ω-))。



img10542896817.jpg
秋っぽい柄で作っても面白いかも。

スポンサーサイト



メロンパンって??

突然ですが。

メロンパンってなに??

なんて、いまさら聞けないのです。
いえいえ、知ってはいるんです。

sunrise.jpg

↑これはなに?

と問われれば、「メロンパン」と答えられるんです。


何が言いたいのかって、この間ふと思い出したんですよ。
メロンパンとこんがらがって結局区別が解らなかった、

「サンライズ」

の存在を。


気になったので調べてみたんです。

まず驚いたのが、
日本全国共通の話題じゃない、ということ。

今「サンライズってなに??」と思われている方、少なくないと思います。

私の育った地域のパン屋には
「メロンパン」と「サンライズ」が存在し、それがなんと・・・
見た目では区別がつかないくらいそっくりなんです!!

お味の方も・・・全く区別が付かないんです!
しかも悩ましいことに、お店によって表示が違ったりもするんです!


結局解らず仕舞いで、今に至っていたわけなんですが、
この間、判明しました。

上の写真、実は「サンライズ」なんです!(だそうです)
そしてメロンパンはこちら!↓

meron.jpg

あみあみ模様の有無、若干かたちの違い、くらいだそうですよ。

現在関東にいるからなのか、サンライズとメロンパンで迷うことは
なくなりましたが、パン屋さんやコンビニで売られているメロンパンも
サンライズタイプなような気がしてきて・・・

ちなみに、メロンパンを調べていたら
コッペパンについての地域差の話も出ていて・・・。

またパンのことで悶々と悩む日々が続きそうです。





ぷんぷん丸

本日イベントDAY!

今日はLaQの立体イベントです。
午前と午後の2回戦。

200808laq1.jpg




小さいタコを作って飾る予定でいましたが
午後チームはLaQ上級者の子どもたちだったので、
結局、思い思いに好きなものを創ることに…

200808laq4.jpg




作品を写真に撮ったり
お話を作ったりで

気がついたら3時間近くも休憩もとらず、
よく集中して遊んでいました。

200808laq3.jpg





今回もこの中からコンテスト受賞作品が出ると嬉しいですね。

200808laq2.jpg





Anchang99


夢のある世界

hyoryu-sub001.jpg夏も終わりに近づいてきたのでしょうか。
先週末の涼しい日を境に、
「死ぬほど暑い日」というのがなくなってきているような
気がします。

そんな夏の終わりに皆さんにオススメしたい絵本がこれ。


デイヴィッド・ウィーズナー作・絵 【漂流物

男の子が浜辺で水中カメラを拾うところから物語りは始まります。

カメラの中に入っていたフィルムを現像してみると、
まるで夢の中にいるような、不思議で、幻想的で、ユニークで、
可愛らしくて、そして暖かい空気感のある世界が広がっています。

学生時代、映像を学びフィルムを撮影していたというウィーズナーの
分かりやすい構図と、読み手を惹きつけるストーリー展開は
本や文章、まして絵本なんて苦手という方にも最適です。

時間を越え、現在へと続く物語の世界は、
共感と、羨望と、少しの脱力感と、大きな満足感を与えてくれるでしょう。





ぷんぷん丸

ウィルリーギッグ


プルトーイは引っ張るおもちゃですが、
ウィルリーギッグってなに?


風で動くおもちゃを
ウィルリーギッグっていうらしいのですが、
ラッセル・スノー氏が3台しか制作しなかった
ウィルリーギッグ「サーカスパレード」

を所蔵する春日明夫氏(東京造形大学教授)が
20年間にヨーロッパから収集した3000点の
玩具コレクションの中から150点をピックアップした
展示会が月末31日まで練馬区立美術館で開催中です。


木のぬくもりとあそびの中から生まれた形たち展
―春日明夫トイ・コレクションと現代作家の作品による―



一般500円、中学生以下無料と
区営だから入場料が安いのも魅力♪

お時間のある方はぜひ!


高校野球でドロボウ撃退?

夏が来~れば思い出す~♪

じゃないんですが、
夏といえばやっぱりこれ!


logo_koyaL.gif


って、もう開幕してから結構日が経つんですが…ね。

もうね、ダメなんですよ。
一球、一戦に賭ける球児のひたむきな姿と、努力の跡が見られるプレー。
そして高校生らしい精神力のもろさと、勢いの凄さ。

休みの日は朝から観戦するわけですが、
一人で見ていても溢れる思いを抑えきれず、
解説の人としゃべりまくりですよ

まぁおよそ一人でいる様子ではないですよ。
普通に会話しているので、すごく防犯対策になっているとも
思いますよ!

いやでも本当に思うのは、
若者って素晴らしい、純粋で、もの凄いパワーを持ってますよ。
見ている人に何かしらを与える、
だから高校野球にはファンが多いのでしょうかね。

100回大会までには甲子園に観に行きたいなぁ~





ぷんぷん丸

ストリートビューってどう思う?

今週からサービスが始まった
googleストリートビューですが、
もう見ましたか?



やっぱり、
自分の家やお店がどんな風に
写っているのか気になってチェックしてしまいますわ。
>>>>>>>>>>>>>ウッドワーロックの店頭


自宅はもちろん、洗濯物が満載でした(笑)。
がっはははは。




便利だし面白い一方で、
機能性の高さからプライバシーの侵害や
犯罪に使われるんじゃないかなど
Web上では賛否両論ですが
個人的には応援していたりします。


撮影時期がドンピシャだったのか
千鳥が淵の桜がきれいに咲いていました!
>>>>>>>>>>>>桜満開、ローリングせよ




Anchang99

遠くて近い名門

ウッドワーロック巣鴨店のすぐ近所に
近くを通るとふわ~っと珈琲豆を煎る良い香りが漂う
そんなステキなスポットがあるんです。

見た目はとっても無骨(でもなんだかステキ)。

KONO.jpg

町工場の雰囲気で、一体何の工場なんだろう?と
常々思っているけれど、まぁ日常の様々な雑事にまぎれて
忘れてしまう、そんな存在だったのですが・・・


少し前に、ちょっと感じの良いショップに入ったとき
まぁカラフルで可愛らしいコーヒーのドリッパーが目に入ったんです

ちょうどそのとき、友人にちょっとした贈り物を探していたので
円錐形で、キレイな黄色のドリッパーとポット、円錐フィルターの
セットを購入したんですね。

あまりに可愛かったので、うちにも欲しいなぁなんて 
思い、帰って調べてみたんですよ。

1925年創業 珈琲サイフォン株式会社

とありました。
あら何か重々しい感じ。あら、有名なサイフォンなのね。

なにも知らずだったので、ナゼ円錐形なのか?という
記事を隅々読み、なるほどなるほどとうなずきながら、
購入しました、自宅用。

数日たって届いたんですよ
やっぱり可愛いし、珈琲もおいしく入る(ような気がする)し、
買ってよかったなぁなんて、ふと伝票を見ると、

「東京都文京区千石4丁目」


まさか・・・・

次の日、あの工場を見ると

「珈琲サイフォン株式会社」。


もう本当に目と鼻の先なんですよ、
わざわざその工場を通り過ぎて銀行に振込みに行って
(もちろん手数料も掛かる)、
その工場の前を行き来しながら通勤し、
楽しみに待っていたんですよ・・・

情報社会と言われますが、なんだか
社会のスキマにはさまったような、そんな孤独感。

でも、そんな私をおいしいコーヒーはホッと暖めてくれたのでした




ぷんぷん丸

あちぃ…

かおまる

別に怒っている訳じゃないんです

ホントに







ほら、

かおまる

こんなファンキーな芸当もできるし…







でも

かおまる

暑ぃなぁ~
まいっちゃうよ





前へ~ならえ!

かおまる




つうか、
意味わからないぐらい暑い!



Anchang99


Appendix

プロフィール

ゴッチ齋藤(Anchang99)

Author:ゴッチ齋藤(Anchang99)


東京に事務所を構え
こだわりのおもちゃを扱う
木のおもちゃウッドワーロックの
スタッフブログです。



しっかり者のMichiと、
うっかり者のとく丸が、
キャンプ大好きサウナ大好き
店主Anchang99の元
時にゆる~く、時に軽やかに、
ゴキゲンに書き綴ります♪


よろしければ
ときどき遊びに来てください(´∀`)


最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索